fc2ブログ

非物質的力の影響のブロックの仕方

【非物質的力の影響のブロックの仕方】


右利きの人は、身体右側に

ヘマタイト(磁気ありとなしの区別は不明)を装着すると、

非物質的力の影響をブロックできる、

というのが、

イギリスのサイキックJudy Hallの見解です。

(この人は男女別の区別をしない)


これは、

『クリスタル百科事典』という

大型本に掲載されている内容です。

もっとも、若干、こちらでアレンジしていますけど。


ときどき、

Judy Hallは、

身体の左側につけるか、

それとも、右側につけるかにより、

感応現象が逆になることを指摘しています。


たしかに、

ヘマタイト磁気を身体の左足に装着することで、

黒蓄積体が光を発して排出され、

その後、逆に、精神世界、スピ世界に

ますますのめりこんでいった方がおられます。


あとから推理すると、

身体左足に、磁気ヘマタイトを装着することにより、

非物質的力の影響に敏感になったのではないか、と。

そのように推理が可能かもしれない。


では、身体の左右ともに装着するとどうなるか。

それは、両極現象が相殺され、

何も起こらないか、あるいは、

ときに、非物質的力に敏感になり、

ときに、非物質的力をブロックする、

とも考えられます。


いまは、身体アンテナがかなりへそより上に

シフトしている現象が多くみられ、

それにより、敏感に感応しやすくなっているとも

推理されます。


左右のどちらに装着するかによって、

逆の現象が見られる可能性がありますので、

ときどき、左右を入れ替えてみてくださいませ。


ちなみに、

悪霊系の霊媒体質の人は、

このヘマタイトの波動を最悪と感じる事例があります。

その逆に、

硫酸バリウムに対しては、

笑い転げるくらいに相性がよろしいようで。

硫酸バリウムを多く含んでいる石は、

玉川石、北投石、バドガシュタイン石だそうで。


硫酸バリウムの硫黄に反応するのか、

それとも、バリウムに反応するのかは、

いまのところ、わからない。


たしかに、

硫黄とか鉄隕石を好む霊媒系の人が

いましたけど、

そういう人は、硫酸バリウムを好むでしょう、ね。

(これはあくまでもこちらの推理てすけど)


また、サファイアに対して、

事の他、違和感を感じる人は、

悪霊系に感応する人に多いのではないかと

こちらは推定しています。


霊感体質、霊媒体質の人は、

サファイアの波動を嫌うようです。





ダ=ヴィーン∀!!



◇rakutenblog執筆者の連絡先
◇〒731-0121 
広島県広島市安佐南区中須1-42-21
◇黄金屋キラーコイル サイトウ クミオ
◇電話082-877-7383 携帯090-7596-8930
◇お問い合わせフォーム
https://killercoil.ocnk.net/contact
◇コイルショップ
https://killercoil.ocnk.net/
◇執筆者のプロフィール
http://profile.ameba.jp/killercoil/
◇コイル中級編ブログ(2014/8/26開始)
http://ameblo.jp/killercoil/
◇コイルのつぶやき=facebookページ
https://www.facebook.com/killercoildoo
◇キラーコイル=facebook
https://www.facebook.com/killercoil
◇キラーコイル=twitter
https://twitter.com/killercoil
◇黄金屋キラーコイル=rakutenblog
http://plaza.rakuten.co.jp/juksmile/diaryall


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

KillerCoil

学習塾時代に、頭をよくするものはないか、ということで、2004に開発したのがブレイン系コイルでした。

頭の上に乗せる「天使の輪」がそれ。そして教室結界棒設置により、多動性注意欠陥障害児の勉強への取組が改善された。

その後、生徒の肩こり、頭痛、腰痛などの整体コイルを開発していくことに。そして2007に独自開発路線を確立することにより、2021で15年目になります。

宝石・パワストとコイルを接続させたものにより、①生体、②感情、③想念、④意識、などの不具合を調整するものを発表しています。とくに、腰痛と心に問題がある方へヒント提供しています。

足腰心に問題がある方はメルマガご登録をこちら

連絡先
090-7596-8930
かけ放題契約につき折り返し
お電話さしあげます。

eshop
https://killercoil.ocnk.net/

最新情報

月別アーカイブ