fc2ブログ

情報探知コイルの基本設計

情報探知コイルの基本設計思想は、

遠隔、テレパシー的なものをより促進することで、

基本石は、ピーターサイトになります。

それと、他の石を複合させます。


中級レベルのコイルのほとんどは、

複合石を使うのが特徴で、

無誘導系とメビウス系と独自系のどれが適切なのかは、

実験あるのみとしています。


情報探知という場合、

やはり、発信が先行します。

発信することにより、何かが感応しますので、

その感応するものを、どこで受け止め、コード解釈するか、

になります。

その感応というのは、ほとんど、ひらめき、に近いでしょうね。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

KillerCoil

学習塾時代に、頭をよくするものはないか、ということで、2004に開発したのがブレイン系コイルでした。

頭の上に乗せる「天使の輪」がそれ。そして教室結界棒設置により、多動性注意欠陥障害児の勉強への取組が改善された。

その後、生徒の肩こり、頭痛、腰痛などの整体コイルを開発していくことに。そして2007に独自開発路線を確立することにより、2021で15年目になります。

宝石・パワストとコイルを接続させたものにより、①生体、②感情、③想念、④意識、などの不具合を調整するものを発表しています。とくに、腰痛と心に問題がある方へヒント提供しています。

足腰心に問題がある方はメルマガご登録をこちら

連絡先
090-7596-8930
かけ放題契約につき折り返し
お電話さしあげます。

eshop
https://killercoil.ocnk.net/

最新情報

月別アーカイブ