fc2ブログ

回転について

回転についてのおさらいになります。

平面上の回転、これが普通の回転のイメージです。

次に、立体上の回転、これは次元が一つ加わるので複雑になります。

まず、平面上の回転は、

同心円回転、

外から中心に向けての螺旋回転、

中心から外に向けての螺旋回転と、

三つに分類されます。

そして、右回転なのか、左回転なのかに分かれます。

次に、立体上の回転は、

平面回転を上下鉛直方向に、↓向きと↑向きとに分かれます。

普通に、立体回転は、円錐形をモデルにすることが多い。

円錐形をなぞる立体回転ですと、

外周から頂点に向けての右回転と左回転、

頂点から外周に向けての右回転と左回転、

この二つがあり、

その四つの意味するところが何かの解釈について、

いまのところ、明確化しているのは、わたしを含めて二人です。


そして、大切なことは、以上の回転は、

上下軸に関する回転なのだということです。

上下軸に関する回転として、具体的にイメージできるのは、

高気圧右回転下降、低気圧左回転上昇の二つでしょう。


ここで、高気圧と低気圧のどちらが好きかという点で、

人により二つにわかれます。

台風、竜巻は威力があるので、左回転エネルギーのほうがすごい、

という人たちが当然います。

この考え方につかまると、

なんでもかんでも、左回転を多用濫用していくことになります。


こちらのいまの仮説では、

左回転が好きな人は、外惑星系、西、拡散、集合性と、関連がある人、

右回転が好きな人は、内惑星系、東、凝縮、個人性と、関連がある人、

という定式で終わっています。

つまり、それ以上の深化の前で止まっています。


あと、興味深いのは、左回転系の人は、

エネルギーを集めるという発想がお好きなこと。

当然、右回転系の人は、エネルギーを拡散するのが好き。


これは、元々、拡散の左系なので、自分にない凝縮を求める、

凝縮の右系は、自分にない拡散を求める、とも解釈できます。


divは回転させることによる拡散、rotは回転させることによる凝縮、

という具合に、マクスウェルの電磁方程式に登場するdivとrotを

整体的に翻案することもできるでしょうか・・・・。


もっとも、普通に、divは拡散、rotは回転とイメージされていますけど。

こちら独自に、div拡散、rot凝縮と、書き換えています。


あとは、物体透視家と協力して、

各回転について透視して、

どんな色のエネルギーが流れているのを確認します。

そして、それが何に使えるのかを了解していきます。


なかには、

左回転でコーヒーが甘くなり、右回転で苦くなった、

右回転でコーヒーが甘くなり、左回転で苦くなった、

という感想の違いの根拠をどのように推定するか、

というのは、面白い問題でしょう。


そして、左水平回転で催眠にかかり、右水平回転で催眠解除される、

という事例なども、どのように解釈するで、面白い実験になります。


上下軸で使われる回転を、水平軸で使うと、何かが反転されるのか、

それとも、同じ性質を保持できるのか、ですね。


そして、整体上は、へそから上の回転と、へそから下の回転は、

同じ回転でも、性質反転する、というのが、こちらの仮説になります。


見えない世界を探索する場合、

複数の物体透視家の意見を参考にするのは、

やってて損はないとみています。

つまり、通常の五感では判断しがたい結果が多々あるので。


まぁ、最初のご用心が肝要ということでしょう。






関連記事

コメント

元・美容師のほのか♪Binaryに夢中♪

おじゃましまーす(^▽^)
覗きに来ました(^_^)
読ませえていただいて勉強になりました!
私の記事の感想など聞かせて頂けると嬉しいです。
非公開コメント

プロフィール

KillerCoil

学習塾時代に、頭をよくするものはないか、ということで、2004に開発したのがブレイン系コイルでした。

頭の上に乗せる「天使の輪」がそれ。そして教室結界棒設置により、多動性注意欠陥障害児の勉強への取組が改善された。

その後、生徒の肩こり、頭痛、腰痛などの整体コイルを開発していくことに。そして2007に独自開発路線を確立することにより、2021で15年目になります。

宝石・パワストとコイルを接続させたものにより、①生体、②感情、③想念、④意識、などの不具合を調整するものを発表しています。とくに、腰痛と心に問題がある方へヒント提供しています。

足腰心に問題がある方はメルマガご登録をこちら

連絡先
090-7596-8930
かけ放題契約につき折り返し
お電話さしあげます。

eshop
https://killercoil.ocnk.net/

最新情報

月別アーカイブ