fc2ブログ

左右半身のエネルギーの出入判定

左掌体温低い・・・左半身、左手がエネルギーの入りと判定

右掌体温高い・・・右半身、右手がエネルギーの出と判定

放射温度計で測定した限り、

へそから上に関しては、

左右の掌の体温差を測ることにより、

エネルギーの左右半身のいずれから出入が

あるのかが推定されます。


では、へそから下はどうかといいますと、

これまで、

左足がエネルギーの入りと仮説していたところ、

左足のほうが温度が高く、

これまで、

右足がエネルギーの出と仮説していたところ、

右足のほうが温度が低い。


となると、

左足がエネルギーの出となるでしょう・・・・。

右足がエネルギーの入りとなります。

左足のほうが温度が高いので。


へそから上に関しては、

左手がエネの入り、右手がエネの出、

へそから下に関しては、

右足がエネの入り、左足がエネの出、になります。


では、左手、右手、左足、右足の四つの関係をどうみるか。

左手と右足からエネが入り、へそまで吸収する、

右手はへそまでエネを押し出し、

さらに、へそから左足へエネを押し出す。


ということは、

右手→左足の経路が、エネが出やすく、

右足→へそ←左手の経路は、エネが入りやすい、と。


以上は、男性標準に適合する仮説であり、

女性標準は、エネの出入が、上記とは逆になります。

例外は、男女ともに、約3割おられます。


ちなみに、

剣印を切るとき、右上から左下に、斜めに手を動かすというのは、

祓いに近いものがあるでしょう。

これにより、何かが抜ける、と。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

KillerCoil

学習塾時代に、頭をよくするものはないか、ということで、2004に開発したのがブレイン系コイルでした。

頭の上に乗せる「天使の輪」がそれ。そして教室結界棒設置により、多動性注意欠陥障害児の勉強への取組が改善された。

その後、生徒の肩こり、頭痛、腰痛などの整体コイルを開発していくことに。そして2007に独自開発路線を確立することにより、2021で15年目になります。

宝石・パワストとコイルを接続させたものにより、①生体、②感情、③想念、④意識、などの不具合を調整するものを発表しています。とくに、腰痛と心に問題がある方へヒント提供しています。

足腰心に問題がある方はメルマガご登録をこちら

連絡先
090-7596-8930
かけ放題契約につき折り返し
お電話さしあげます。

eshop
https://killercoil.ocnk.net/

最新情報

月別アーカイブ